■【エロ小説・SS】ドSなエステティシャンの姉に恥ずかしい目にあわされる妹ちゃん 前編
■タグ:クリ責め 妹 痴女 羞恥プレイ  ■カテゴリ:クリトリス責めメインのSSスレ

TOP > プレイ別 > クリトリス責めメインのSSスレ > 【エロ小説・SS】ドSなエステティシャンの姉に恥ずかしい目にあわされる妹ちゃん 前編

【エロ小説・SS】ドSなエステティシャンの姉に恥ずかしい目にあわされる妹ちゃん 前編

kurizeme
今回も姉妹物で。
透け透けの白スクの子がプールにいたらガン見しちゃうよね。
■所要時間:8分 ■約4231文字

「【エロ小説・SS】ドSなエステティシャンの姉に恥ずかしい目にあわされる妹ちゃん 前編」開始

クリトリス責めメインのSS~その3~スレより

786: 別姉×妹 1/5 2008/07/29(火) 19:30:08 ID:45oIweMI
「うふふ、綺麗に剃れた。可愛いわ。
○校生にもなってお股がつるつるなんて恥ずかしいわねえ。
それに、いやらしいクリトリスがとってもよく見える」
小学生の頃からハードなクリオナニーを続けた結果、葵のクリトリスは親指の先ほどにまで肥大化してしまった。
それが幼女のようになった恥丘との対比で強調され、より一層卑猥さを増している。
「葵ちゃん、昨日美咲に何をしたの?歩けなくなるなんてよっぽどよね」
にこやかだが、目は笑っていない。
「貴女みたいな悪い娘には、きついお仕置きが必要だわ」



一番上の姉、葉月はエステティシャンである。
葵たちとはやや歳が離れており、普段は職場の近くのアパートで生活している。
そのためあまり会うことはないのだが、昨日の夜はたまたま泊まりに来ていたのだ。
葵と一緒にタクシーで帰ってきた美咲の様子を見て、2人のただならぬ関係を察したらしい。
翌朝、葵が目覚めたら葉月に拘束されており、何故かいきなり陰毛の処理をされてしまった。
そして今に至る。

「うーん、どうしようかな」
葉月はむにむにと葵のクリトリスを指でいじりながら思案する。
(やばい、葉月姉はまじでやばいよ。ぱっと見大人しそうに見えるけどこの人本物のドSだもん。
今から勤め先に連れてかれて、クリにピアスとか刺されちゃったらどうしよう…)
「どうしたの?ガタガタ震えて。大丈夫よ、痛いことはしないから。
でも、昨日の美咲よりは酷い目にあってもらわないとお仕置きにならないわねえ。
そういえば、貴女の部屋からこんなものが出てきたんだけど何かしら?」
「そ…れは…っ」
それは美咲に着せようと思って購入し裏地を剥いでおいた白のスクール水着と、
美咲のクリトリスを苛める為に改造した水鉄砲だった。
「葵ちゃんって本当にエッチな子ねえ。こういうのが好きなの?これを持ってプールに行きましょうか。
すけすけ水着が可愛いつるつるのおま○こによく似合いそうねえ♪」

787: 別姉×妹 2/5 2008/07/29(火) 19:31:20 ID:45oIweMI


プールに着き、更衣室に入るとすぐにコートを剥ぎ取られる。
下はあの水着だ。

無論葵は着たくなどなかったが、クローゼットに鍵をかけられ、「それを着なければ裸のまま連れて行く」
と脅されては着るしかなかったのである。

(うぅ…こんなの買うんじゃなかった…
乳首とクリの形がモロに出ちゃってるよぉ)
羞恥心で葵は既に泣きそうになっている。
「あおいちゃーん」
ぴゅー
いきなり股関に水鉄砲を当てられる。
「いやっ」
「もう、避けちゃだめ。勃起してもらわなくちゃ布地の上からクリの形がわからないでしょう?
この水鉄砲で立たせてあげるから、クリちゃんが見えるように水着の股のところを広げてそこに立ちなさい」
怒らせると何をされるかわからないので、葵はしぶしぶ従う。
「あぅ…」
痛くないように水圧は調整しているが、要はトイレのウォシュレットをクリトリスに直撃されつづけているのと
同じである。葵の足はがくがく痙攣し、クリトリスはすぐにむくむくと膨らんできた。
ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅっ。
「やっ、駄目、やっ、やぁっ」
「うふふ、面白い。
葵ちゃんは剥けてる所に直接当てても大丈夫みたいね」
ぴゅー。
「やぁ…皮めくっちゃ…らめぇ…」
「ふふっ、見えた見えた。大きいけど中身はピンク色で可愛い♪」
ぴゅううううう
「っ……!!」
「大きくなあれ♪大きくなあれ♪」
「もう…おっきくなったってばあ…っ」
「あらほんと。大きくなったから戻していいわよ」
布を戻すと、濡れたせいで色まではっきりとわかるようになってしまった。
(本当に、こんな格好でプールに入るの?)
「私はベンチで見てるから場内を一周していらっしゃい。手で隠したりしたら駄目よ。
葵ちゃんのえっちなクリトリスをみんなに見てもらってね」

788: 別姉×妹 3/5 2008/07/29(火) 19:32:22 ID:45oIweMI
プールサイドに出ると、人の自然を痛いほど感じる。
クリトリスは人に見られる恥ずかしさからますます勃起し、テントのように布地を押し上げ、
遠目に見てもその存在を確認できるほどになってしまった。
さらに布地の下では、包皮が完全にめくり上げられている。
(やばい、クリちゃんの剥けたとこが…歩く度に擦られて…感じちゃう…見られてるのに…)
「うわ、あれ凄くね?」
男の子のグループが指を指して言う。
(やだ…)
「うわすげー。つかクリデカくね?何、何か付け忘れたとか?」
「ちげーよ。あのクリのデカさは露出狂の変態だろ」
(露出狂じゃないし…クリデカいって言わないでぇ)
「ねぇ、あれ見て」
(女の人だ…)
「え?乳首?」
「ほら、下も。変態じゃない?見られて感じてるみたいだし」
(違うのに…布に擦れるから…もう、やだあ…)

「葵ちゃんおかえりなさい。どうだった?」
「みんなが私のことクリおっきいって…変態って…お願い、もう帰らせて」
「よかったじゃない。本当に変態さんなんだから」
「そんな…」
「ところで、この状態で布に切れ込みを入れたらどうなるかしら?」
「なっ…」
あまりの発言に思わず絶句してしまう。
葵が美咲の為に用意したこの水着は、クリトリスを強調するよう体を覆う最低限の布以外は取り払ってある。
よって本来2枚重ねになっているはずの股関部分の布は1枚しかない。
痴丘を心元なく覆う柔らかな布は、切れ込みなどいれようものならすぐに左右に押し広げられて
クリトリスを露わにしてしまうだろう。
「やめて!お願いそれだけはやめて!」
「静かにしなさい。あんまり大きい声出すと人に見られちゃうわよ。
言うことをきかないならこのまま置いて帰っちゃおうかな」
自分のバッグは取り上げられている。家からここまで車で一時間。とても女の子が歩いて帰れる距離ではない。
葵は観念して葉月に身を委ねた。

789: 別姉×妹 4/5 2008/07/29(火) 19:33:53 ID:45oIweMI
一旦更衣室に戻ると、ハサミを取り出して布のちょうどクリトリスにあたる部分にだけ切れこみを入れる。
ちょきん。
「はいおしまい。プールサイドに戻りましょう。
穴を開けたわけじゃないんだから、人に見られたくなかったら勃起しないように我慢して
急いでプールに入ればいいのよ♪」
(そんなの無理だよう…)

ムニ…ムニ…
クリトリスが歩く度に擦れて膨らんていき、徐々に布を押し広げていく。
(だめ…出ちゃう…クリちゃん外に出ちゃう…)
ムニ…ムニニニ…
(お願い、我慢して。もう少しだから…)
ムニニ…
ズルン。
「はうっ!!」
(クリちゃん出ちゃった!クリちゃん出ちゃった!クリちゃん出ちゃった!)
思わず周囲を見回すと、ちょうどプールから上がってきた男性と目が合った。
(!!…今、見られた…葵のクリちゃん、知らない男の人に、完全に見られちゃった…)
パニックに陥った葵は、もはや葉月の命令を完全に無視し、クリトリスを手で押さえて内股気味に走り出す。
しかし剥き出しのクリトリスを直接指に当てながらのその行為は、もはや自慰としか呼べないものだった。
ムニッ、ムニッ、ムニッ、ムニッ
(駄目ぇぇクリちゃんがっ…指に当たって…はぅっ…)
「はぁっ…はぁっ…はぁっ…」
「何人前でオナニーしてるの?葵の変態さん」
「はううっ」
ビクっビクっ
「しかもイったの?まーはしたない。これで終わりにしてあげようかと思ったけどまだお仕置きが必要そうね」
「そんな…」
「罰として向こうのプールでその格好のまま200m泳ぎなさい。それができたら連れて帰ってあげる」

790: 別姉×妹 5/5 2008/07/29(火) 19:34:30 ID:45oIweMI


(イくところまで見られるなんて…きっと今、ここにいる人みんなにとんでもない変態だと思われてるよぉ…
死んじゃいたい)
(でも、とりあえずノルマ達成して早く帰らなきゃ。どうして泳ぐのがお仕置きになるのかわからないけど…)
ちゃぷ…
(っ…!)
壁を蹴って進み始めると剥き出しのクリトリスを水圧が襲う。さらに泳ぎ始めると、
バタ足の動きに合わせてクリトリスがよじられる。
(やぁぁ…こういうことだったんだ…これで泳ぐなんて無理だよ)
「はぁ…はぁ…はぁ…」
先程イったことで敏感になったクリトリスはちょっとしたことで次の絶頂を迎えそうになる。
(イったら多分溺れる…クロールは駄目だ、背泳ぎは…上からクリが丸見えになる。
平泳ぎなら、なんとかなるかも)
ちゃぷ。
(くっ…股開くと水圧がモロにくる)
(やっ…足閉じるとクリがムニュってなる)
(また水圧が…)
その後、葵は何度もイキかけ、その度に溺れそうになりながらもどうにか200mを泳ぎ切り、
腰が抜けそうになったところでようやく葉月に帰る許可をもらうことができた。



帰りの車中。
葵は下着は与えられずワンピース一枚という格好だが、先程までに比べればずっとマシなので文句は言わない。
それより、泳いでいる間に寸止めを繰り返したのでそちらの方が我慢の限界に達していた。
(イキたい…イキたい…イキたい…けど葉月姉の前でオナニーしたらおこられちゃう…)
「葵ちゃん、イキたそうね」
葉月がほくそ笑む。
「じゃあ、いいことしてあげる」
「…?」
車の向かう方向が自宅ではないことに、葵はまだ気づいていない。

(つづく…かも?)

791: 765 2008/07/29(火) 19:36:20 ID:45oIweMI
とりあえず今日はここまでです。
続きは書けるかどうかわからないのであんまり期待しないでください。

792: 名無しさん@ピンキー 2008/07/29(火) 20:19:10 ID:vO3etkDt
きたああああああああああああ
GJ! これは続きwktk

794: 名無しさん@ピンキー 2008/07/29(火) 23:56:53 ID:+Mhf/KXc
俺の好みを全て詰め込んだような内容だw
GJ!!

795: 名無しさん@ピンキー 2008/07/30(水) 01:09:36 ID:5NHK/nMR
GJ!今までレズものって苦手だったけど、初めていいと思ったw

796: 名無しさん@ピンキー 2008/07/30(水) 11:09:38 ID:t5YWWB6U
長女エロイ!GJ!!

「【エロ小説・SS】ドSなエステティシャンの姉に恥ずかしい目にあわされる妹ちゃん 前編」終わり

「クリトリス責めメインのSSスレ」カテゴリの記事

アブエスは他にこんな物もまとめとります

おうwwwコメント書いてけよwwwwwww

コメントを残す

HOME

検索フォーム
アブエスについて

アブエスは官能小説、エロ小説、エロSSを掲載しています。
2chのVIPやエロパロ板を中心に管理人の好みでSSや小説をまとめています。

■2/17■
検索エンジンに引っ掛かるまでは不定期更新で。ちょくちょく覗いてみて!
■1/27■
所要時間を載せてみる。
管理人基準で適当だから参考までw

最新記事
新着コメント